パーソナルイメージとは

パーソナルイメージとは

女性も男性も、好きな色があって、その色を好んで洋服を選び

お気に入りの服を着るだけでテンションが上がり、嬉しくなりなりますよね。

それが最大のおしゃれに感じてます。

私はこれまで、茶系の色が好きで、好んで着ていて自分ではそれが一番似合うと思っておりました。

薄いベージュのブラウスに茶色のジャケット、濃いベージュのスカート。

これが私のベストコーディネート。

登壇したり、面接を受ける時はたいていこの色合いの服装でした。

しかし!

その装いをあまり褒められたことがなく、面接試験も落ちました。

それがパーソナルカラーを間違えていたことに気づくまで、数年の年月がかかりました。

しっかりと魅力的に見えるようにしているのになぜ?・・・

と腑に落ちない周りの評価ばかりが気になりました。

ある日、高校からの友人の恵美子が、パーソナルカラーを見てくれるサロンに行くのだけど一緒にどう?と言われました。

人それぞれが持つ、その人にしかない魅力を引き出すものなのですが、上半身を鏡で見ながら首から下にドレープ(色見本となる生地)を当てて、その数は数えきれないくらい! 一枚一枚めくって、その人の顔と最もしっくりくる色(パーソナルイメージ)を診断してくれるそうです。

でも、料金高そうだし、提携してるブティックに連れていかれて高額な洋服を買わされる(先生に紹介料が入るから)

そんなイメージがあったので、私は恵美子の横で写真を撮る付き添いで同行したいを連絡したら、気持ちよく了承してくれました。

まだ、ご自宅兼サロンなのですが、とてもおしゃれで落ち着く空間。

それに、私の心をワクワクさせたのがドレープでした。ものすごい数の布見本があるのですが、どれ一つとして同じ色はないのです。

結局、何色あったのか数えられませんえした(笑
rokugatu

コメントを残す