心理カウンセリング



クライアントが自分で自分の認知のゆがみに気づいて是正していくことです。

この療法は病院に併設された健康保険適用で安く受けられるものがありますが、安い分、数が多くて、主に臨床心理士が担当しますが、時間が40分。休みなしで次のクライアントが待っているので臨床心理士(カウンセラー)は何とか時間内にセッションをまとめなくてはいけないと、当然時計をチラチラ見てしまいます。

クライアントにはそのようなカウンセラーの目の動きには敏感です。

「本当に私のことを真剣に考えてくれてるの?」

「私の心の苦しみに向き合ってくれてるのか疑問」

「なんか流れ作業的」

と言った不満も出てきますね。

カウンセラーとクライアントが、些細な事でも信頼関係を失ったら、もうカウンセリング効果はありません。

では、民間がやってるカウンセリングルームはどうか。

「心理カウンセリング」と検索すると、それはそれはたくさんのカウンセリングルームが出てきます。

これまたたくさんありすぎてどこを選んだらよいのか困るのです。

料金相場は東京都内で5000円から10000円。時間は50分から1時間。

この差は何?と言われても、そのカウンセラーが勝手に決めて良いので、サイトを見てるだけでは、高い料金を取るところは良い結果を出しているとも言えません。

心理カウンセラーも「臨床心理士」以外は、いわゆる「名乗った者勝ち」で、その人がカウンセラーですと言えばカウンセラーで、何の試験合格もなくてもOKです。

で、これまた難しいのが、そんな不勉強な人がダメカウンセラーかと言われると、そうとも言い切れない。

勉強して自己研鑽しているに越したことはないのだけど、では、努力して臨床心理士となった人が良い結果を導き出してくれるかと言われるろそうでもない。

ボランティアで無料でやってくれるところもあるのですが、これがおススメしてよいのか迷うところで、宗教勧誘の入り口だったりすることがあるのです。

心に迷いのある人をある特定の宗教に誘い入れるのはたやすいですからね。

私も一時は個人カウンセリングの看板を挙げていたのですが、辞めました。

医療系のテレビドラマで良く聞くセリフがあります。

手術を終えた直後の外科医が、家族から「この子は大丈夫なんでしょうか」

そしてその答え

「最善は尽くした。あとはこの子の『生きたい』と言う力を信じるだけだ」

私が個人カウンセリングを辞めたのはこれなのです。

つまり、心の病も「自分で治そう、人生が楽しいと思えるようになりたい」と言う力がないと治らない、つまり「治したい」と言う気持ちさえあれば、こうしてネットでもって情報を発信するだけで十分効果があるのです。
その逆で、どんなに優秀なカウンセラーと対面しても、本人が「この先生がなんとかしてくれるだろう」では決して治らないと断言出来ます。

「心が苦しい。でも治りたい」と言う人が自ら検索してこのページを探し当て、ここまで読んでくれているのだと思います。

心の状態は、外見に確実に現れます。

マインドフルネス瞑想と言うのをご存じですか?じわじわと流行してるのです。

日常の生活を見直せば、自分自身が自分のカウンセラーになれます。

そもそも答えはクライアントの心の中に眠っていて、その眠りを覚ますのがカウンセラーだとしたら、このページに来ている段階で、すでに眠りから半分覚めています。



自分を変えたいなら

ただ、注意しなくてはいけないのは、長年の習慣はぎゅっと身に染みついていて、サロンでの診断でせっかくベストなオーラを出せても、すぐ戻ってしまいがちなところなのだそうです。

うん、うん、確かに特に私のような半世紀に渡り選んできたものを180度変えるのだから、元に戻りやすいのは当然でしょう!

そこで、私は、帰宅するなり、診断でOKの色以外の服をすべて出して、古いものは処分、まだ着れるものは、リサイクルショップやメルカリ売る用の箱を作ってしまいこみました。

そして、化粧品も買い替えたのですが「色さえ合えば安いものでOK]とのことなのでマツモトキヨシで揃えました。

この4アイテムで1800円
今まで愛用していたジャケットも「さようなら~」
クローゼットはすっきり!これ1年分。これらを組み合わせて着回します!

この「色」がもたらす心理的作用を、私の変化を通してまた、次回の記事で書きます。そちらのほうが重要!ぜひ読んでくださいね。

それではまた!

パーソナルイメージとは

パーソナルイメージは、布を一枚一枚めくりながらずっとクライアントの肌を見て、いや、肌だけを見て、パーソナルカラーを1色決めて行きます。

たくさんの色のドレープをめくりながら「違う、違う、違う」と言う先生。

そしてついに「あった!これだぁ~!」歓声を上げるのです。

色が見つかった時の喜びのイメージ(笑)

布をどんどんめくっていくうちに「ふわっ」と顔の血色がよくなる色に出会うのです。先生がこれだ!と手を止めて、他の色を当てた時との違いを説明すると、周りの見ている人は「そうそう!」って納得するのだけど、当の本人、恵美子は浮かない顔。

「今までこんな色の服、着た事ないし・・・」って不満げな表情にも。

自分の好きな色と似合う色は違う

そして、その1色が決まりますと、恵美子のイメージが決定して、それに向かって一直線!

ファンデーション、チーク、眉色、アイシャドウと、恵美子ならではの、今まで隠れていた魅力がどんどん引き出されていくのです。

そしてついに「New Emiko」の完成!

同じ緑の服でも、違うのだそうです。確かに右の緑に合わせると肌に透明感が出ます。

ここまで到達すると恵美子も納得したようで、今までいかに自分に似合わない色を好み、クローゼットはその似合わない色の服でパンパンだったと言いました。

このサロンに行く前は、単に友人の付き合い、写真を撮るお手伝いくらいの冷めた私が、この場面を直に見て、心が揺さぶられないはずもなく、先生に「次回、予約いつ取れますか?」と尋ねると、軽く「今やってあげるよ~」って。

そう、余談かもしれませんが、この先生、ものすごーく奥が深いのに、雰囲気はとっても軽やかで話しやすい、素敵と言う言葉を通り越した人です。

さぁ、今度は、恵美子がカメラ撮りになって、私がパーソナルカラー診断をしてもらうことに!!

私が鏡の前の椅子に座るなり、先生は「絶対、オーラを引き出す!!」と断言しました。

恵美子と同じように生地を胸に当てて、一枚一枚めくってもらいこのような結果となりました。

限りなくブルー寄りのパープルがベストカラーで、寒色系なのだそうです。恵美子はあたたかな春でしたので、真逆です。

そして、ベストカラーと共に、絶対選んではダメと言うNGカラーも選んでくれたのが左の色。カーキとか茶系だそう!

な、なんと今まで私が好んで選んできた色ではないか!!

こうして、NG色を身にまとうと、実年齢より上に見られるそうです。

うんうん(涙)覚えありありです。先生早く知っていたかったよ~。

ベストカラーがわかると、それからは、メイクをしてくれて、ウィッグをつけてみたりアクセサリーに至るまで、私のトータルベストを完成させてくれました。

今まで伸ばしたことのない長さをウィッグで挑戦

鞄や、腕時計、靴までも、その人のオーラを変えてしまうそうです。

この写真の左は、3年前の私で、常にNG色を着ていました。右の写真の方が年齢が上なのに、断然若いぞ!!

「色」とはおそるべし!と実感しまくりです。

私たちのベストなオーラの出し方をレクチャーした後、先生と買い物に行きました。

おそらく、先生が提携している高級ブティック???と思うでしょう??

それがそれが、この先生が私たちを連れて行ったところは「古着屋さん」なのです。

先生いわく、似合う色と形であれば、高級品でなくても良いし、リサイクル品でも十分高級感を出せると言うことです。

広いリサイクルショップを走り回って、私たちにまたもや「買い物」レクチャーをしてくれました。

12着の洋服と2点のアクセサリーを購入して12000円!

おそらくその中の1品分の値段です。

イメージコンサルタントとかカラースタイリストとかの私のイメージがこの先生でまったく変わってしまいました。

あぁ、友達の付き添い程度の日が、なんと充実しきりの1日になったことか!

パーソナルイメージとは

女性も男性も、好きな色があって、その色を好んで洋服を選び

お気に入りの服を着るだけでテンションが上がり、嬉しくなりなりますよね。

それが最大のおしゃれに感じてます。

私はこれまで、茶系の色が好きで、好んで着ていて自分ではそれが一番似合うと思っておりました。

薄いベージュのブラウスに茶色のジャケット、濃いベージュのスカート。

これが私のベストコーディネート。

登壇したり、面接を受ける時はたいていこの色合いの服装でした。

しかし!

その装いをあまり褒められたことがなく、面接試験も落ちました。

それがパーソナルカラーを間違えていたことに気づくまで、数年の年月がかかりました。

しっかりと魅力的に見えるようにしているのになぜ?・・・

と腑に落ちない周りの評価ばかりが気になりました。

ある日、高校からの友人の恵美子が、パーソナルカラーを見てくれるサロンに行くのだけど一緒にどう?と言われました。

人それぞれが持つ、その人にしかない魅力を引き出すものなのですが、上半身を鏡で見ながら首から下にドレープ(色見本となる生地)を当てて、その数は数えきれないくらい! 一枚一枚めくって、その人の顔と最もしっくりくる色(パーソナルイメージ)を診断してくれるそうです。

でも、料金高そうだし、提携してるブティックに連れていかれて高額な洋服を買わされる(先生に紹介料が入るから)

そんなイメージがあったので、私は恵美子の横で写真を撮る付き添いで同行したいを連絡したら、気持ちよく了承してくれました。

まだ、ご自宅兼サロンなのですが、とてもおしゃれで落ち着く空間。

それに、私の心をワクワクさせたのがドレープでした。ものすごい数の布見本があるのですが、どれ一つとして同じ色はないのです。

結局、何色あったのか数えられませんえした(笑

オーラって何?

オーラ=aura

「あの人から良いオーラ出てるよね」
なんて言葉を無意識に使っていませんか?男性でも女性でも素敵だなと思う人に抱く気持ちから発する言葉ですね。

オーラとは、生体が発散するとされる霊的な放射体、エネルギーを意味する。転じて、ある人物や物体が発する独得な、または霊的な雰囲気や、なんとなく感じる力、威圧感なども指す。なおオーラという言葉は、「微風」「朝のさわやかな空気」を意味するギリシア語 αὔρα(アウラー)、「風」「香気」「輝き」などを意味するラテン語の aura(アウラ)に由来する  wikipedia

このサイトの管理人は、心理カウンセリングを個別に行っていた者です。
そのような立場にある者が、オーラだなんてスピリチュアル?みたいな非科学的なことを持ち出して良いのかと思われるかもしれません。

心理カウンセリングとは、正しい学術的な技法でもって、疲弊した心を改善していくものである

と私自身ずっと思ってきました。

でも、私は気づいたのです。

世の中の事情が複雑化しすぎて、もはや従来のカウンセリング仕法では、何回も、高額なカウンセリング料金を支払って時間をかけても、思うようには改善しない時勢であると。

道が複雑過ぎて迷い悩む現代人

この時代だからこそ「気」の力を見直そうと思いました。

科学的な治療法がない時代には、この方法が用いられ手ました。

「病気が治しますように」ってお祈りに過ぎないのですが

たかが祈り、されど祈り

科学の進歩は、この祈りと言う目に見えない、なんの実態もない「気」が我々現代人には奪われてしまい人の心を弱くしている原因ではないでしょうか。

森林浴の効果は「気」を感じること

このサイトはこの「気・・・その人か醸し出すオーラ」で、自己治癒力を高めていくことを目的としています。